一人暮らしなら安全性の高い賃貸を選ぼう!どんな鍵や設備がいいの?


玄関の鍵が安全性の高いタイプ

一人暮らしだと自宅にいるとき以外は留守になるため、その間に誰かに侵入されると金品などの盗難被害に遭う可能性が出てきます。物件選びをするときは侵入されにくい工夫がされているかをチェックするようにしましょう。鍵はワンロックよりもツーロック以上が良いですが、シリンダー錠は古いタイプになりツーロックでもすぐに解錠される可能性があります。ディンプル錠の物件ならそれなりに安全性が高く、侵入犯からも狙われにくくなります。その居室だけが新しい鍵にすればよさそうですが、他の居室の鍵が古ければ建物自体が狙われやすくなるでしょう。全てに安全性の高い鍵がついていれば狙われにくくなります。

宅配ボックス付きが防犯に役立つ

一人暮らし向けの賃貸物件で便利な設備として宅配ボックスがあります。各物件に数個用意されていて、宅配業者は荷物を宅配するときはそちらに預けて鍵を郵便受けなどに入れておいてくれます。留守がちな人でもネットショッピングがしやすくなるでしょう。一方で宅配関係のトラブルがあり、宅配業者を語って玄関を開けさせようとする不審者がいるようです。このときに宅配ボックスがトラブルを回避する役割をしてくれます。宅配業者のユニフォームを着た不審者もいるため、防犯カメラやモニター付きのインターホンがあっても防ぎきれないかもしれません。宅配ボックスがあればそちらに入れてもらえるので、業者が来たとしても玄関を開けずに済ませられるでしょう。不審者に狙われるリスクも下がります。

登別の賃貸物件の周辺は、国立大学が近いため学生にも人気の物件です。また温泉などの名所に恵まれた都市としても知られています。