注文住宅を建築するときの間取りの考え方を見ておこう


見落としがちなポイントとは

これから注文住宅を建築するときには、ある程度間取りを頭の中に入れておかなければなりません。この時大事になるのは、その間取りが一体自分たちにとって本当に利用しやすいかどうかです。見落としがちな点の1つは、家事動線と呼ばれるものです。家事動線とは、主にキッチンや洗濯機が置かれている場所そしてベランダまでの道筋のことを指していますが、主婦が家事をするときに、動きやすい経路を作るのが普通になります。家事動線の作り方のポイントは、洗濯機とベランダの距離が近いことやキッチンから洗濯機の距離が近いことがポイントです。そのため、ベランダと洗濯機の置き場は同じ階にするのが1つの方法です。あるいは、すべてを同じ階にすることで無駄なく動くことができるでしょう。

窓をどのように配置するか

住宅の中で窓は非常に重要な役割を果たしていますが、窓を配置するときにはその大きさだけでなく設置する場所をよく考えておきましょう。確かに、窓があれば開放感があり部屋の中が広くなった感じがあります。ですが、都会などのようにすぐ目の前に人通りのある道路がある場合にはプライバシーの問題が考えられますので、可能な限り小さめの窓を設置した方が良いこともあります。また、本棚やタンスなどを置く場合にはあまり多くの窓があるとそれらで塞いでしまうことになり役割を果たしません。あらかじめどのような部屋の使い方をするかをイメージしながら窓の大きさや配置する場所を考えるのが1番です。

予算を考慮しながら、大阪の注文住宅を建てる事ができます。コストが低くて高品質の住宅の建設も可能な場合もあります。