光をうまく取り入れて日当りのよい家を造ろう


LDKの形状がとても大切

間取りを考える上で、日当りはとっても大切な要素です。全ての部屋に日当りの良さは欲しいところですが、敷地や間取りの関係上、なかなかそうはうまくいきません。LDKの代表的なタイプには、L・D・Kを一直線に並べて全体を縦長の形状に作るタイプと、三角形に並べて全体を正方形に近い形状につくるタイプがあります。窓から入る日の光は、時間帯や条件にもよりますが、実際にはあまり奥まで届かないものです。その為特に一直線にLDKを並べるタイプでは、どこの面に窓を付けられるかがとても大切になってきます。さらに、LDKを一階にもってきたいが日当りが望めない場合は、吹抜を作って上部から光を取り入れる方法もあります。トップライトから入る光の量ははとても多く、強い味方になってくれます。敷地内の駐車場や庭、さらには周辺環境との関係性とも合わせてよく検討するようにしましょう。

窓を空間の中にうまく取り入れよう

メインの窓のみでは明るさが少し頼りないかなという方にも、まだ方法はあります。光と窓の関係性はとても深いものです。そして、カップボードや家具等を置いていても、工夫すれば窓を付けることはできます。例えば家具の上部に高窓を付けたり、玄関収納の下の部分に地窓を付けたりすることで日の光を取り入れることができます。窓があるか無いかで空間の明るさは全く異なってきます。もし開け閉めや掃除が難しい場所に窓を付ける場合は、すりガラスのFIX窓にしてしまいましょう。すりガラスは透明ガラスに比べると汚れが目立ちにくいです。また表面に凹凸がある為、乱反射により柔らかい光が空間にふわっと広がります。

マイホームの家づくりは間取りが重要です。将来設計や家族構成を考えて理想の家を決めていくと良いでしょう。