海の近くの別荘滞在中のおすすめの過ごしかたとは?


森林内だけではなく海のそばにも別荘地はある

日本では別荘というと高原地帯の森林の中にあるイメージが強めです。たしかに軽井沢など人気別荘地の大半は高原地帯にありますが、海のそばに別荘として使ってもらうためのリゾートマンションが数多く建てられているエリアもあります。そして、森林内の戸建て物件ではなく、海のそばのリゾートマンションを別荘として買った場合は、まったく違った楽しみ方をする事が出来ます。

天気のいい日だけ海に行ける

短期旅行で海に行く場合、出発直前まで旅行日が晴れであるように祈らなくてはなりません。特に旅行日に台風がやってきてしまったような場合は、真っ青な海を一度も見ることなく帰路につかねばならないケースもあります。しかし、海のそばの別荘に長期滞在している場合は、朝の段階で曇りや雨であった場合は、予定を変更して家で過ごし、晴れている日だけ海に行くような事が出来ます。

朝市に買い物をしていく

千葉県の勝浦をはじめとして、マリンリゾート地の中には観光客をメインターゲットとして朝市を開催しているところが多い傾向です。もし別荘付近にて朝市が開催されているような場合は、スーパーで買うよりも新鮮な食材を買ってきてすぐ調理するという優雅な体験ができます。

室内・室外から天体観測を楽しむ

海のそばの別荘地・リゾート地のもう一つの魅力は、都会のすぐそばに位置する場合を除いて星空が綺麗だという事です。特に下からの灯りがほとんどなくなった深夜の星空は素晴らしいものがあり、ベランダにて天体観測も楽しむような事も出来ます。深夜以外で素晴らしい星空を眺めたいなら、車に乗って近くの山などに行ってみると、早い時間でも素晴らしい星空を見渡せます。

八ヶ岳の別荘は、ログハウス風のコテージが付いたものや、天然の木材をふんだんに使ったものが数多くあります。