知らなければ損をする!賢い賃貸住宅の選び方


賃貸住宅はリフォームしてある方がお得

賃貸住宅を賢く借りる方法の1つとしては、リフォームしたばかりの物件を選ぶことです。基本的に、賃貸住宅の場合は物件が新しいほど価値があるとみなされており家賃も高く設定されます。ところが、20年も経過すると家賃を安くしなければ入居者が集まらないため家賃を安くすることになるでしょう。それぐらいの時期には、リフォームをするオーナーが多いですがリフォームをしたとしてもそれほど家賃が大幅に上がる事はありません。少なくとも、新築の頃に比べると明らかに家賃は安くなっています。リフォームでほぼ新築と同じような状態になっているところもあります。しかし、さすがに20年近く経つと、間取りの古臭さなどは出てきます。それでも、その点に目をつぶれば新築と同じような物件を安く手に入れることができます。

間取りや駅からの距離以外でも考慮したいこと

賃貸住宅を借りる場合は、間取りや駅からの距離が気になる人が多いです。確かに、通勤や通学のことを考えると駅から近い方が有利になります。その点は重要だとしても、住環境に目を向けておくことも必要です。住環境は、住み始めてから問題になることが多いため、その点をしっかりリサーチしておかなければ後で後悔することになるでしょう。どのように住環境を見たら良いかと言えば、まず物件を借りるまでに周りの環境を見回しておきうるさい工場があるかどうかや、鼻をつくようなにおいがして来ないかを感じ取りましょう。また、住人のモラルもとても大事になりますが、そのモラルを簡単に見るならばゴミ捨て場を見ると良いです。きれいに整っていればしっかり管理されており、質の高い住人が住んでいる可能性があります。

小樽の賃貸住宅は、アパートから戸建て住宅まで揃っています。単身者向けではロフト付き、家族向けでは2階まであるメゾネットタイプもあり、自分の好みに合った物件を探し易いです。