マンション購入時は変動金利がいい?固定金利がいい?


総支払額を減らせる可能性がある変動金利

マンションを購入するとき、手元に購入金額があるならそこから支払えます。しかし新築なら数千万円以上かかるので、なかなか一度に支払うのは難しいでしょう。銀行で住宅ローンが利用できるので、そちらを利用して住みながら返済する方法を取るようにしましょう。多くのお金を非常に長い期間にわたって借りるので、返済総額に占める利息が結構大きくなります。できるだけ総支払額を減らしたいなら変動金利の利用を検討しましょう。変動金利は将来の経済情勢などで金利が変動する仕組みです。利用時点ごとの金利は固定金利よりも常に安くなっており、低金利の状態が将来も続くのであればお得と言えます。将来金利が上昇すると、支払総額が増えてしまうときもあります。

固定の要素もあれば変動の要素もある住宅ローンを利用

マンションの購入で住宅ローンを利用するとき、変動金利か固定金利かで迷うかもしれません。それぞれメリットとデメリットがありますが、どちらがいいかはすべてを返済したときでないとわかりません。変動金利は将来変動する可能性があるので、金利が大きく上昇して金利負担が大きくなるのも想定する必要があります。どうしても変動と固定とで決めきれないなら、どちらの要素もある住宅ローンを利用すると良いでしょう。期間固定タイプは固定期間を選んでその間が金利が変わらな仕組みです。固定期間が終了する時点の金利が次の期間の金利になります。その他変動金利と固定金利を半分ずつ利用するなどができる金融機関もあります。これならどちらのメリットも享受できます。

柏のマンションは都心部への交通アクセスが良いわりには、賃貸マンションの場合は家賃が抑えられていますので、借りやすいです。