周囲とのトラブルが嫌なら集合住宅以外に住むのはどう?


「賃貸=集合住宅」ではない

まだ一人暮らしをした事のない若者など、一部の人達の間では「賃貸=集合住宅」と思われているところがあります。しかしそんなことはなく、確かにマンション・アパート物件が大半を占めますが、わずかながら2階建ての戸建て住宅や平屋住宅も貸し出されていて居住可能です。また、戸建て住宅と集合住宅の中間に位置するテラスハウス(メゾネット)物件も存在します。

戸建て住宅に住む事のメリット

戸建て住宅(2階建て・平屋)に住む事の大きなメリットは、見ず知らずの他人と壁を共有せずにする事です。これにより、周囲の騒音に苦しむ必要がなくなりますし室内である程度大音量でテレビ・映画を観たり音楽を聴いたりする事ができるようになります。また、庭があれば家庭菜園を作ったりミニ庭園を作ったりする事も可能です。テラスハウス物件は戸建て住宅と違って隣の部屋の人と壁を共有する形になってしまいますが、それでも専有庭はついている傾向です。その他、アパート2階に住む場合、小さな子供の足音がうるさいと下の階の人から苦情が来ることがよく起こります。しかし、1階・2階を専有できる2階建ての戸建て住宅・テラスハウスに住む場合は、足音に関するトラブルが発生しません。

戸建て住宅の塀について

日本全国の大半の戸建て住宅には塀があります。ただし、豪雪地帯の北海道に関しては、除雪作業の邪魔にならないように塀がない家が大半を占めます。そのため、戸建て住宅に居住して敷地内で子供やペットを遊ばせたい場合は、大家さんの許可を得て、庭に囲いを作ってその中で遊ばせる事をおすすめします。

札幌市は北海道にある政令指定都市で、道内でも人口も多いです。中でも中央区は、古い歴史と文化があり、豊かな自然のある街です。人気のエリアである札幌中央区の賃貸を探してみましょう